current exhibition 開催中の展示 2021.04.15 – 2022.03.31   B1 gallery space

Teamlab: Tea Time
in the Soy Sauce
Storehouse

scroll down

Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse

旧福岡醤油建物は、明治時代(1868 – 1912)に建てられ、かつては醤油製造に使われていた。当時は漆黒の液体が貯蔵されていたであろう地下は、同じように黒い液体に満たされ、四方に無限に広がる茶室となり、茶の時間が続いていく。
一服の茶を点てると、茶は光を灯し、近くの光のリズムと引き込み現象を起こしていく。

引き込み現象とは、異なるリズムが互いに影響を受けてそろっていくこと。壁に掛かった二つの振り子時計の振り子、ホタルの集団発光、心臓細胞の律動など、物理現象、神経生理、生命系や生態系など多様な系で見られる。個々が全体を俯瞰する能力を持たないにも関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象である自己組織化であり、自発的秩序形成とも言える。

一方、本来宇宙では、エントロピー(無秩序の度合いを表す物理量)が極大化に向かうとされ(エントロピー増大の法則)、形あるものは崩れていくのが摂理だ。しかし、それでもこの宇宙や生命、自然や社会が成り立っているのは、無秩序に向かう中で、自己組織化という共通の現象によって、ひとりでに秩序が生まれているからかもしれないのだ。

「茶の本」(1906)の著者である岡倉天心(1863 – 1913)は最期の手紙の中で、「私は宇宙と全くうまくやっており、宇宙からこの頃与えられるものに対して感謝、そう大変感謝しております。」と語っている。茶とは、「自他一体の境地」「人間と自然との究極的な合一」を目指した時間だったのかもしれない。

photo credit:「Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse」 岡山 福岡醤油ギャラリー © チームラボ

来場のご案内

詳細ページ
https://www.teamlab.art/jp/e/teatime/

展覧会名
Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse

会期
2021.4.15(木) – 2022.3.31(木) 時間10:00-17:00
定休日:毎週水曜日(祝日の場合営業、翌営業日が休み)
※現在、時間制でのご案内となります。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の通り開館時間を変更させていただきます。
■ 期間:2021年5月14日(金)~6月20日(日)
■ 開館時間:11:00~16:00 

※時間変更期間・時間変更内容については、今後変更となる可能性がございます。 大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます

アクセス
福岡醤油ギャラリー
岡山県岡山市北区弓之町17−35
※駐車場のご用意はございませんので、お車でご来場の際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

チケット料金
一律1,000円(税込)
※EN TEAのお茶(一杯)が含まれています。

チケットは、現地での当日券のみの販売となります。
先着順となりますので、予定枚数に達し次第、販売を終了いたします

※事前予約不可
※キャッシュレス決済のみ
※再入館不可

注意事項
・小学生以下の入場には、保護者の同伴が必要です。
・会場内は暗く、階段や段差、高低差がある場所がございますので、お気を付けください。

archive過去の展示一覧

過去の展示はありません
<back to top